資料請求

教養総合

教養総合イメージ 教養総合

多彩な教育02

教養総合

自主・自治・自律の精神で
探究の方法を身につける

中附の教育の柱は「教養総合」です。

身近な問題から世界で起きているさまざまな出来事にはどのような問題があるかを発見し、その問題を解決するには、何を準備し、どうアプローチしていくか、そのプロセスを身につけるとともに、広く、そして深く考えながら、問題を解決できる能力を身につけていきます。

2022年度からの新カリキュラムです。

教養総合基礎中3

視点を探す

大切なのは、日々を見る眼を養うこと。日常生活や普段の学習で気づいたことを、詳しく、角度をずらして見ていくことを学びましょう。

探究する眼を鍛えることで、何が「問い」なのかが、少しずつ分かっていくはずです。

シンキングツールを活用しながら、自分の思考を整理したり、全体像を捉えたりする方法を習得します。

教養総合Ⅰ高1

問いを探す

学問の扉をひらくには、本質をつかむ手が必要です。探究する眼とともに、主体的で能動的な学びを始めましょう。

自分の興味関心に基づく課題から、注目すべき事実をつかみとり、「問い」の立て方を学んでいきます。また世界標準を意識しながら、自分たちの「問い」を周りに発信していきます。

教養総合Ⅱ高2

本質に迫る

世界の実相に触れるため、知を求めて踏み出します。教科横断型の授業により、多角的な視野でものごとを捉えます。実習や実験、実地踏査を通じて、築かれた知を感じましょう。生きた学びを経ることで、「問い」の深さも変わるはず。自らの「問い」に対して、自分なりの結論を導き、広く発表していきます。

2021年度候補コース一覧

年度により開講コースは変更になる場合があります。

  • GBグローバルフィールドワーク
  • PSProject in ScienceⅠ
  • TSトランスサイエンス
  • GCグローカルフィールドワーク

海外

  • GB中世都市クラクフとアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(ポーランド・クラクフ)
  • GB映画から考える韓国の現代(韓国・ソウル)
  • GB世界遺産と生きる(インドネシア・バリ島、ロンボク島)
  • PS光とオーロラの探究(フィンランド)
  • PSマレーシア・ボルネオのジャングル自然調査(マレーシア・ボルネオ島)
  • TS高校生によるSDGsプロジェクト(オーストラリア・メルボルン)

国内

  • PSトレーニング科学(都内大学・研究施設)
  • TS世界遺産知床と阿寒アイヌコタンで「自然」と「観光」を学ぶ(北海道・道東)
  • TSフクシマ・オキナワを通して近代化・科学技術を考える(福島県、沖縄県)
  • TS人工知能と人間(校内または都内の施設)
  • GC災害に学ぶ ~私たちにできる記憶と記録、支援と防災~(岩手県、宮城県、福島県)
  • GC災害に学ぶ ~防災・減災、支援の主体者となるために~(岩手県、宮城県、福島県)
  • GC音楽研究(都内の劇場・コンサートホール)

Project in Science Ⅰ

「マレーシアの自然調査と観光資源開拓」マレーシア・ ランカウイ島

自然調査班と観光開発班の2つの視点から迫る。

自然調査班は生物多様性と環境保全のあり方を学び、観光開発班は観光産業と自然保護の併存についての具体的方策を考え、提案するフィールドワークです。また、現地の高校生と交流することで、SDGsを踏まえた多様な観点から環境保全・観光資源の開発を目指します。
観光開発班は、出版社の監修のもと、パンフレットを作成しました。

ランカウイ島クルーズ
  • 事前調査/文献の輪読やディスカッション
  • 現地でのフィールドワーク
  • 論文・パンフレットの作成・編集
  • プレゼンテーション・発刊

グローバルフィールドワーク

クメール遺跡群と東南アジア

カンボジアの過去と現在を巡り歩き、考察する。

クメール王朝時代のアンコール遺跡をはじめ、事前学習や現地での講座のもと、カンボジアの歴史・社会・文化について知るとともに、ポルポト時代の暗い歴史まで踏み込んだフィールドワークです。
遺跡の修復現場の訪問や、現地大学生との交流もあり、現在のカンボジア、ひいては東南アジアの現状を肌で感じながら、現地調査を通して得た成果を発表しました。

カンボジア遺跡訪問
  • 文献調査/事前学習
  • 研究テーマの設定
  • 現地でのフィールドワーク
  • ポスター発表など

教養総合Ⅲ高3

自分自身の問いへ

教養総合ⅢA 表現研究(文系) ~卒業論文に取り組む~

抱え込まれた「問い」にどのように向き合ったのか、その過程を丁寧に追いかけ、他者に向かって訴えかけます。

中附での学びの集大成として、論理的な分析と思考とを繰りかえしながら批評・表現しようとする営みは、大学での能動的な学びにいち早く対応できる力を育んでいきます。

テーマ設定
「教養総合Ⅰ」「教養総合Ⅱ」での学びや各教科・科目の学習あるいは各種活動や身辺の様ざまな事柄の中から、自ら進んで問いかけ、解決ないし考察すべき対象を探り、テーマを決めていきます。
「書評」執筆
テーマに即して参考になると考えられる文献を探究し、そのうちの1冊をとりあげて「書評」ないし「レポート」を執筆します。先行研究の調査をも兼ねる取り組みです。
口頭発表
資料収集・実地踏査の結果得られた情報や、それに基づく分析をもとに論文のアウトラインを作成し、レジュメやパワーポイントを用いて口頭発表を行います。
論文作成
口頭発表による主張と質疑応答による省察に基づいて、必要に応じて論理の構成を組み替えたり表現を改めたりしながら文章を練り上げ、完成稿を提出します。
表現研究(文系)

教養総合ⅢB Project in ScienceⅡ(理系) ~卒業研究に取り組む~

自然科学を精緻に捉え、その可能性を追求します。
抱いた「問い」を出発点として、文献調査・実験・検証・発表という流れを実際に行ってみることで、新たな課題意識が芽生えるでしょう。
また、研究成果を英語で発表することで、未来を拓くための自信がつきます。

附属学校研究発表会

中央大学の4つの附属学校が集まって、学びの成果を発表する研究発表会です。
日ごろの成果の発表を通して、附属各校のカラーを感じるとともに、大学での学びへのステップとなります。

附属学校研究発表会

論文テーマ例

  • 人間中心主義的自然観の反省と宮沢賢治の文学
    -「なめとこ山の熊」を通して-
  • 日本人の英語表現に見られる日本語的発想
    -なぜ日本人は「I think」を多用するのか-
  • 消費者ニーズから考えるパッケージデザイン
    -中央大学オリジナルミネラルウォーターを例として-

教養総合Ⅲ選択

大学とのつながりを意識し、多様な価値観を尊重しつつ、文化や社会を考えます。
学際領域に挑戦することを通じて、自身の学びと向き合いましょう。それぞれの「問い」が見えたなら、大学生まであと一歩。未来を拓く準備が整います。

社会研究「映像分析と社会心理」

映画、ドラマ、CMの技法の考察を通して社会学や心理学、政治学等を学びます。相手を見上げるシーンの多い「千と千尋の神隠し」の前半。
一方、ヒトラーの演説を撮影するリーフェンシュタールの映画技法とも比較し、権力と映像技法について考えます。
また、SNSがもたらす功罪と人間関係、身体性についても社会学的に考察します。

2021年度選択科目開講講座一覧

選択科目講義名
文化研究体験的に学ぶ生活文化学/「レ・ミゼラブルの世界」
地域研究国際政治学と東アジア
社会研究映像分析と社会心理/社会政策へのアプローチ
数理探究高校数学総復習/ゲーム理論
文化と歴史美術製作から学ぶ歴史/映画から考える韓国の現代
文化と言語時事英語表現/中国語/ドイツ語/フランス語

Message

ランカウイ島の観光開発は、地球を守る観光だと思った

「教養総合Ⅱ」で美しいビーチと珍しい動物に会えるリゾート地ランカウイ島の自然調査と観光資源開拓のコースを選択しました。ランカウイ島は、マレーシアの北西部タイとの国境近くにある島で、アジア各国はもとよりヨーロッパからも観光客が多数訪れる一大リゾート地です。

ランカウイ島は世界地質遺産に登録されており、自然調査グループはそちらを中心に現地調査を行います。私たちの観光資源開拓グループは、クアラルンプール国際空港に実際に置いていただける日本人観光客向けの旅行パンフレットの制作を行いました。

出版社にご協力いただき、アドバイスをもらいながら、現地の珍しい鳥や動物、料理、観光スポットを紹介していきます。また、パンフレットのコンセプトには、自然を守りながら観光開発するという、持続可能な開発目標であるSDGs視点を取り入れました。そこで、「なるべく車を使わず排気ガスを抑えたツアー紹介」の企画など考案し、環境負荷のかからない自然への思いやりをたくさん込めたパンフレットに仕上がりました。また、パンフレットの企画からページ構成、ライティング、デザイン、印刷など一連の行程を経験できたことがとても勉強になりました。

名取 真生さん
名取 真生さん

社会問題に対する見方を身につけ、自分を成長させる

卒業論文のテーマは『沖縄の「民意」を「伝える」とは ~沖縄基地問題における新聞報道から考える~』です。メディアの報道と現地の実情に違和感を覚え、卒業論文で深堀りしようとテーマにしました。

「教養総合Ⅱ」で沖縄基地問題について現地に赴き調査したのをきっかけに、3,000件に上る新聞記事を読み、現地では賛成派・反対派としてメディアに出演している方々を取材。 本州から眺めると、「賛成派VS反対派」あるいは「沖縄VS政府」といった二項対立に見える問題でも、どちらとも決めきれない現地の人々の複雑な思い(=民意)があることを知りました。

そこには、2つの民意があると感じました。一つは沖縄独特の横のつながりを意識する社会性。地縁血縁などの人間関係を重視した「現状維持が鉄則で、同調圧力が強く、出る杭の存在許さない」沖縄社会の特徴。つまり、家族の中に賛成派と反対派がいると、その問題はタブーで口を閉ざすというような現象が起きてしまうこと。もう一つは、基地経済に依存する沖縄の経済状況、依存度は低下しているというものの基地関連経済の依存は続いています。 確かに二項対立はわかりやすい報道とも言えます。しかし、このように「二項対立を優先するニュースの価値」からこぼれてしまう「民意」をいかに「伝える」かを考察し、卒業論文にまとめました。

土屋 茜音さん
土屋 茜音さん