資料請求

体験型学習

体験型学習 体験型学習

多彩な教育01

体験型学習

体験型学習は、
限界を突き破る好奇心を育てる

中学校では、事前学習で学んだことを現地を訪問して実際に自分の目で確かめ、考察するフィールドワークが豊富です。

それは、高校での「教養総合」へとつながっていきます。また、中央大学との連携、文化や芸術など本物に触れる教育も活発。

体験型学習は、生徒を一気に成長させるチャンスにあふれています。

フィールドワーク中学

事前に調べ、現地で確認し、そして発表する

ワンディエクスカーション

ワンディエクスカーション(中1・2)

中1では事前学習をもとに東京駅から中大後楽園キャンパスまで、班ごとに史跡を巡ります。自分たちが計画した行程で地理・歴史・文化などを探求し、事後報告する過程を学び、他の班のいろいろな感じ方に刺激を受けながら、フィールドワークを行います。

奈良・亰都移動教室

奈良・亰都移動教室(中2)

秋に3泊4日で移動教室を実施。生徒が組織する旅行委員会が主体となって企画。試行錯誤することが大切だと考え、どの行程でどの史跡を巡るかなど自主性を重んじる旅行になっています。3日目には班ごとにコースを考えて散策します。

沖縄修学旅行

沖縄修学旅行(中3)

「沖縄の自然」、「沖縄の歴史と文化」、「沖縄と平和」などについて、半年かけて事前学習を行い、10月に3泊4日で沖縄に出かけます。その後、事後学習として現地で学んだことをポスターにまとめ、発表します。中附ならではのフィールドワークです。

体験型学習中学

中央大学ロースクールとの連携教育

中央大学法科大学院を訪問。教授等からわかりやすく法制度(裁判員裁判など)についての講義を受けた後、大学院生の指導のもと実際の事例をあげ、ディスカッションを重ねながら、法律の解釈や法手続きを学びます。

中央大学ロースクールとの連携教育

スクールランチと食育

テーマに基づいた「スクールランチ」をクラスごとに楽しみます。日本の郷土料理や外国の料理などを食します。たとえば「奈良・京都移動教室」が近づくと、京料理をテーマに調べ、発表した後に味わいます。

スクールランチと食育

研究旅行高校

「教養総合Ⅱ」で各自が設定したテーマを掘り下げる

高校には修学旅行がありません。
コースによって、研究目的をもって、事前学習、現地調査、事後発表などを行います。
高2で行われる教養総合では、4つのコースから世界の実相に迫っていきます。

GBグローバルフィールドワーク

世界遺産や史跡、戦争や歴史問題、さらには現在の国際関係など、グローバルな課題に対して、事前学習、実地踏査を行い、最終的に調査結果に基づく研究発表を行います。

PSProject in ScienceⅠ

科学的知見を得る体験をします。理系に進む生徒には卒業研究の準備となり、文系に進む生徒には科学的視野を広げる機会となります。

TSトランスサイエンス

SDGsプロジェクトなど、社会課題から自身が取り組みたい課題を発見し、科学的、社会学的な視点を通して問題解決に挑戦します。

GCグローカルフィールドワーク

日本国内の地域(ローカル)の抱える課題を、グローバルな視点に立って考え、具体的なフィールドの中で実践的に把握していくことを目指します。芸術分野の探究も可能です。

グローバルフィールドワーク
GBグローバルフィールドワーク

中世都市クラクフとアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

高校・研究旅行(教養総合Ⅱ)

中世ポーランドの輝かしい歴史と文化、ナチスのユダヤ人虐殺という近代史の悲劇について学びます。現地で肌で感じることで、未来を担う責任意識が芽生えてきます。

ステップ講座・特別授業高校

大学やその先の学びに触れる

ステップ講座

高2の秋に開催され、中央大学をはじめとする大学の教授等が、専門分野の面白さや今大学ではどのような学問研究や授業が行われているのかを講義します。大学での研究・教育の具体的なイメージがつかめます。

ステップ講座

特別授業

高3の3学期に、進学する学部の教授等によるプレ講義が行われるほか、高校教員の専門性を生かしたユニークな授業や、企業・団体による講義など多様な講座が開催されます。

講演:セコム(株)I S 研究所

協力:日経サイエンス・日本経済新聞社

特別授業

芸術・文化体験中学高校

教科書だけでなく本物に触れる体験をする

中附コンサート

中附コンサート

アーティストやタレントを招き、ライブで堪能します。これまでに雅楽師の東儀秀樹さん、ナオト・インティライミさん、マキタスポーツさんらが出演しました。

観劇

観劇

東宝ミュージカルの「マリーアントワネット」や「レ・ミゼラブル」、劇団四季の「巴里のアメリカ人」など、学年ごとに毎年1回、劇場に足を運んで観劇します。

古典芸能鑑賞会

古典芸能鑑賞会

日本の文化を教科書からだけではなく、実際に体感して知ることが大切です。そこで、歌舞伎や落語などの古典芸能を鑑賞します。

「Chufu × ICT =

新入生には、学校を通じてi Padを購入していただいています。
授業での活用はもちろん、学校行事・クラブ活動・プライベートにおいて、生徒一人一人のアイデアがiPadを用いて表現・共有され、有意義な学びに繋がることを意図しています。

Chufu×ICT=∞

Message

「ただの記録ではない事実」を目の当たりにし、平和への願いがより強くなった。

沖縄での修学旅行では、美しい自然とともに、今も克明に残る戦争の痕跡を目の当たりにしました。

特に印象に残っているのが、「糸数アブラガマ」という自然洞窟。戦時下では軍医やヒメユリ学徒隊が配属され、病院が撤退した後は、糸数の住民と負傷兵が避難していたそうです。ガマの中はとても暗く懐中電灯がなければ進めないほどで、地形もかなりでこぼこしていました。このような場所で人が生活していたというだけでも衝撃的でしたが、投げ込まれた爆弾によって飛び散った瓦が天井に刺さった痕なども生々しく残っていて、起こったことの残酷さを肌で感じました。

これまで資料などを通じて戦争のことを勉強した際はなかなか実感を持てなかった部分も、傷跡を自分の目で確かめ、戦争を体験された方のお話をうかがったことで、「確かに起こった事実」として捉えられるようになりました。幸いにも日本は第二次世界大戦以降、戦禍にさらされていません。

しかし、世界に目を向けると未だに様々な地域で紛争が繰り広げられています。映像などで惨状を目にすると、何もできない自分にもどかしさを感じます。修学旅行での体験は、それらが紛れもない現実であることを改めて認識させられる機会にもなりました。

窪田 碧さん
窪田 碧さん