資料請求

グローバル教育

グローバル教育 グローバル教育

多彩な教育04

グローバル教育

英語と国際理解
世界で活躍する未来を準備する

より深い国際理解の基礎となる英語力の強化をはじめ、中附ではさまざまな国際交流プログラムを実施しています。

一人でも多くの生徒が自然体で海外との交流にチャレンジできるように、中学、高校とも、少しずつハードルを高くする各種プログラムを用意しています。

Project in English中学

身近なテーマをグループで調査して発表。週5時間の総合英語の授業に加え、1時間がこの「Project in English」です。

中1

英語を英語で学ぶ授業に慣れながら、個人やグループでの発表を行います。

中1のテーマは「学校生活について」です。

中2

テーマは「日本の地域について」。

フィールドワークや移動教室で訪れる地域について英語でまとめ、プレゼンテーションします。

中3

「日本について」をテーマに、調べた結果をプレゼンテーション。

英語を使ってプロジェクトに取り組む力に磨きをかけます。

Project in English 中学

国際理解教育中学

English Camp

English Camp中1希望者

夏休みに校内で2日間にわたって行われる希望者対象の語学研修。
様々なバックグラウンドを持つ、多様な国々の先生から英語のシャワーを浴びて過ごします。
最終的には全員が発表をします。

TGG研修

TGG研修中1全員

TGG(Tokyo Global Gateway)は、最先端の体験型英語学習施設。
この中に再現されたレストランや飛行機などの中で、英語を使って、与えられたミッションを達成するプログラムを楽しみます。

ブリティッシュヒルズ研修

ブリティッシュヒルズ研修中2希望者

広大な敷地に中世イギリスの街並みを再現した国内の施設で、英語のみ話すスタッフのもと、アクティブ・ラーニング型のレッスンを受けます。
希望者に向けた3泊4日のプログラムです。

AES交流プログラム

AES交流プログラム中2・中3希望者

イギリスにあるAnglo European Schoolは、外国語教育に力を入れている学校。
日本語を選択科目のひとつにしています。AESでは本校生徒が授業を受けるほか、AES生徒が本校を訪れる機会もある相互交流を行います。

オーストラリア交流プログラム

オーストラリア交流プログラム中3希望者

アデレードを訪れ、ホームステイしながら現地校を訪問。
また、固有の動植物やアボリジニの歴史や文化にも触れます。
対象は希望者で、期間は10日間。
帰国後もホストファミリーと交流する生徒が増えています。

Project in English高校

英語を学ぶことにとどまらず、テーマを考察する授業を行います。
高1から高3まで、週2時間実施。与えられたテーマに基づいて、生徒自らリサーチし、発表する形式を基本にした授業です。
アウトプットに重点を置き、英会話とは一線を画しています。

高1

「日本と世界のつながり」をテーマに、スピーチをしたり、ポスターを作成しグループ発表を行っていきます。

高2

「世界が抱える諸問題」をテーマに、貧困、差別、環境問題など幅広く調査し、討論やプレゼンテーションを行います。

3

卒業論文における自身の課題研究を英語で発表。

グローバルな視点で問題を解決する力を育成していきます。

Project in English 高校

英会話講座

高校で日常会話を習得する

ネイティブの教員たちが週3回程度、放課後に英会話講座(初級・中級・上級)を開講しています。
受講料は無料。
教養総合で訪れる国について英語で学ぶなど、他の授業との連携も進められています。

英会話講座

国際理解教育高校

英国短期語学研修高校希望者

夏休みの3週間、イギリス南部のボーンマスでホームステイをしながら語学学校に通い英語を学びます。希望者対象です。
近郊の都市を訪れるなどのアクティビティも行われます。

英国短期語学研修

ターム留学高校希望者

ニュージーランドでホームステイをしながら、現地の高校に通い、現地校の生徒と授業を受けます。期間は、本校の3学期にあたる1月から3月下旬までの約3か月間。
最初に英語の集中レッスンを受けるため、スムーズに学校生活に溶け込めます。
高1と高2の希望者が対象です。

ターム留学

台湾交流プログラム中・高希望者

冬休みに3泊4日で希望者に向けて実施。姉妹校である海山高級中学を訪問して授業に参加、生徒と市内を散策します。
現地では小籠包作りに挑戦してみたり、故宮博物院や台湾総督府なども見学します。
なお、同校の生徒も2年に1度、中附に来校します。

台湾交流プログラム

単位認定留学高校希望者

単位認定留学とは、国外の教育機関で1年間に取得した単位を、本校で修得した単位とみなす制度です。留年せずに3年間で高校を卒業できるメリットがあります。
この制度を活用して各国に留学する中附生も増えてきました。

単位認定留学

Message

「Project in English」中学
英語で都道府県を紹介したり、ゲームをしたり、楽しく体で覚える

英語を習っているうちに言語を覚える楽しさを知り、今ではNHKラジオの「基礎英語」を毎回、朝、夕、夜の3回のうちどれかを選んでリアルタイムで聴いて、少しでも英語の力を付けようとしています。

Project in Englishは、英語のネイティブスピーカーの先生と日本人の先生、二人による英語を「使う」授業です。週5回の英語の授業のほかに、Project in Englishが1回行われます。

これは、単に英会話を学ぶのではなく、例えば、各自が都道府県をそれぞれ選び、その県について調べ、それを英語で発表し、みんなからの質問や意見に応えるというような授業も行われます。私は奈良県を選び、「柿の葉寿司」について英語で紹介しました。

また、ある一つの英単語を当てるために、英語のヒントを出し合うクイズなど、笑いの絶えない授業です。このProject in Englishを学ぶと総合英語の文法の授業とリンクし、また総合授業の英語がProject in Englishに役立つという相乗効果が生まれます。

現在英検3級ですが、中学卒業までに準2級、高校で2級を取得し、将来は英語を活かすことができる仕事に就きたいと思っています。

大久保 颯太さん
大久保 颯太さん

「英国短期語学研修」高校
まず、世界を経験する 短い期間でもたくさん得るものがある

中附に通っていた1学年上の姉がカナダバンクーバーに1年間留学することが決まったことに触発され、私も、高1の夏に英国ボーンマスへ語学研修に行きました。

最初にそれぞれの能力に応じてクラス分けが行われ、私は英検2級を取得していましたが、ほぼ真ん中のクラスに配属されました。

ここにはロシアやスペインなど、様々な国の学生が集まり、国際色豊かな交流を経験することができます。授業では、例えば、世界の環境問題というテキストが配られ、それについてそれぞれが意見を出し合い、話し合ったりします。面白いのは、それぞれの国が取り組んでいる環境問題についての意識の違いです。環境先進国とそうではない国の出身者には考え方の違いが生まれます。中附の先生が言っていた「多様性への理解」はこういうことなのだと実感しました。それぞれの国が抱えている背景が垣間見え、世界の広さを知ることができます。

午後にはアクティビティがあり、世界遺産であるジェラシックコーストを訪れました。 わずか3週間の語学研修でしたが、それでもいちばん語学力が身についた期間にもなり、また、世界各国の人々と話すコミュニケーション力が身についたと思います。今度は、ボランティアなど新たな目的をもって海外に行きたいと思っています。

池淵 建太さん
池淵 建太さん

「ブリティッシュヒルズ研修」中学
英国の街並みに国内留学 語学への興味、異文化への関心が加速する

中学1年の時、兄の学校の姉妹校であるカナダからホームステイで留学生を我が家に受け入れました。異性だったことも重なり、恥ずかしさが先行し、話ができませんでした。でもその頃から英語を話せるようになりたいと思っていました。

中学2年の夏に、3泊4日のブリティッシュヒルズ研修に中附の友だちと一緒に参加しました。ブリティッシュヒルズの街並みは、ハリーポッターのホグワーツに通うような錯覚を覚えワクワクします。

ここでは宿泊体験を通じて、英国の文化やマナーに触れながら活きた英語を学びます。ルームメイトは同じ中附の友だちでしたが、なるべくプライベートタイムも英語で話すようにし、ネイティブのスタッフに積極的に話す約束をしました。

授業はアクティブラーニング型の英会話レッスンはもちろん、時にはメッセージカードを書いたり、カリグラフィー(ペン習字)を習ったり、体育の授業ではクリケットをしたり、実習ではスコーン作りなど、様々な角度から英語を使って楽しむプログラムが多彩です。

次第に英語で話すことが楽しくなっていきます。この体験をきっかけに、語学ばかりでなく、異文化を体験したいというモチベーションがより強くなりました。

金子 綾乃さん
金子 彩乃さん

「Project in English」高校
世界の問題に取り組み、視野が広がる実践的な授業

Project in Englishは、ネイティブスピーカーと日本人の先生、二人による英語で話す授業です。1カ月かけて一つのテーマに取り組み、パワーポイントを使って発表します。私はアメリカで生まれ、6歳までアメリカで育ちました。簡単な日常会話はできましたが、英語で活発に話し合うという機会を離れていたので、この授業がとても楽しみでした。

授業は、例えば「世界のチャリティ」というテーマで、それぞれが独自のテーマで「チャリティ」を取り上げ、発表していきます。私は身体障がい者と盲導犬のチャリティについて、身体障がい者補助犬普及支援について発表しました。他の人は、環境問題や家庭内暴力などに対するチャリティを発表していました。

自分のテーマの深い知識ばかりでなく、友だちが発表するグローバルな問題の知識を得ることができ、また、質疑応答のディスカッションも活発で、英語の授業というより、グローバルな問題を英語で考える、とても実践的な授業といえます。

まだ私は英検2級ですが、高校時代には準1級を取得し、そして、中央大学の国際経営学部に進み、英語を日常会話として使う職業を選びたいと思っています。

堀越 はなさん
堀越 はなさん